地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > 技術情報・研究 > メールマガジン > メルマガバックナンバー > JS技術開発情報メールNo.141

技術開発

JS技術開発情報メールNo.141

 

日本下水道事業団(JS)

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               JS技術開発情報メール

       2013・8・9 No.141

━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆JS技術戦略部

 

こんにちは。

日本の夏って、こんな暑さでしたでしょうか?

気温が30度で、お天気お姉さんが「今日は涼しいです」って・・・

早朝のラジオ体操の時間でも暑い!参加できないじゃない(しないけど)

さて、みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

いつも「JS技術開発情報メール」を、お読みいただきありがとうございます。

今月号も最後までおつきあいくださいませ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ もくじ ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】はじめに

◆「対策はお済ですか」 (技術戦略部長)

 

【2】トピックス

◇「下水道展‘13東京」について (新技術推進課)

◆新技術の選定 (新技術推進課)

◇JS基準類図書H25年度版の発行 (技術基準課)

 

【3】技術情報

◆共同研究 (資源技術開発課)

◇よく見かける下水道用語 (新技術推進課)

 

【4】「ふくしまからはじめよう。」 (福島再生プロジェクト推進室長 野村 充伸)

 

【5】研修センターからのお知らせ

◆日本・インドネシア政府間対話に参加 (研修センター所長 藤本 裕之)

 

【6】下水道よもやま話

◇下水汚泥の脱水性影響因子について (技術基準課長 植本 正基)

 

【7】国・公共団体・企業の主に海外の水関連の動き(7月分)(国際室)

 

【8】編集後記

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 1 はじめに ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◇対策はお済ですか◇◆

 

八月になり、夏休みを有意義に過ごされている方も多いものと思いますが、青森ねぶた祭り、秋田竿燈まつり、仙台七夕などの夏祭りを目的に訪れる方の多い東北では、東日本大震災から3度目の旧盆を迎えようとしています。震災では多くの尊い命が失われましたが、改めて心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

さて、東日本大震災では、人的被害に加え多くの被害が津波によりもたらされましたが、下水道施設も甚大な被害を受け、機能サービスの提供に支障をきたしました。このため、JSでは災害復旧支援に加え、震災直後より津波対策を検討し、処理場・ポンプ場における基本機能を確保するため、設計方針などを設計資料として整備して参りました。最大クラスの津波が襲来した場合でも、人命の安全確保、構造物の倒壊を防ぐとともに基本機能である揚水機能・消毒機能等を確保することを目的としています。

 

具体的には、@施設の配置・高さの設定、A避難タワーの設置、B避難誘導標識の設置、C構造物・設備の耐津波補強、D防水扉の設置、E電気設備の浸水深上への設置、Fポンプ室の止水構造化等の津波対策を提案してきました。

このたび、津波対策の具体策として、「下水道施設標準図(詳細)−土木・建築・建築設備(機械)編−」の改訂(平成25年6月)にあわせ、防水型鋼製建具の標準化を行いましたので、概略をご紹介します。

 

今回の標準化では、防水扉を浸水深(2.0m以下、2.0〜4.5m以下、4.5〜6.5m以下、6.5〜9.5m以下)別に4 種類に設定しています。また、防水性能を許容漏水量で評価し、その値を0.02m3/h・u以下に設定し、防水性能試験方法についても規定しました。加えて、防水性能を確認できる社内試験成績書等が提出される製品のみを「防水型鋼製建具」と定義し、限定しました。

なお、大きさは、機器搬入用として使用頻度の高い幅2,500mm 以下、高さ3,000mm 以下としています。

 

JS技術戦略部では今後とも津波対策をはじめとする災害対策に関する設計資料を整備し、公共団体の皆様のお役に立つよう努力して参ります。加えて、近年は豪雨などによる浸水被害が多発しており、これから長雨の季節を迎えますが、対策に苦慮しておられる公共団体の皆様も多いと思います。津波対策のみならず浸水対策にご関心のある自治体の皆様には私どもの総合事務所にぜひご相談いただければ幸いです。

                        

                                              (技術戦略部長 佐藤 泰治)

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 2 トピックス ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◇「下水道展'13東京」 ご来場ありがとうございました◇◆ 

 

先月号(140号)でご案内させていただきましたが、7月30日(火)〜8月2日(金)まで開催された「下水道展'13東京」にて、ブース展示を行いました。たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

 

地方共同法人10周年記念発表会や、JSブースでは、「JSの災害復旧支援」、「JSの災害対応力」、「JSの技術力」に関するパネル展示など、JSの取組みを地方公共団体をはじめとする下水道関係者の皆さまに、紹介させていただきました。

今後の業務等において、お役に立てば幸いに思います。

 

また、ご来場できなかった方に、ホームページ上で、地方共同法人10周年記念発表会の資料や、ブースでの展示パネル、放映した映像をご覧いただけるようにいたしました。

 

▼展示パネル等については、下記リンクをご覧ください。

/gesuidouten/2013/2013orei.html

                                                     (新技術推進課)

 

 

 

 

◆◇「新技術の選定」◇◆

 

JSでは、受託建設業務において新技術を積極的に導入するため、平成23年度に新技術の導入制度を創設しました。このたび、以下の2技術を新技術として選定しましたので、お知らせします。

  • 担体充填型高速メタン発酵システム    【新技術T類】
  • 圧入式スクリュープレス脱水機(V型)   【新技術T類】

 

今後、JSの受託建設事業において、これらの技術の導入を進めてまいりますので、関心のある自治地のかたは、ご連絡いただきたいと思います。

 

詳細はこちらから↓

/g/g3/g3d.html

                                                      (新技術推進課)

 

 

 

 

◆◇JS基準類図書H25年度版の発行◇◆

 

JS基準類販売図書のうち、下記仕様書等のH25年度版が発刊となりましたので、ご案内いたします。

  • 機械設備工事一般仕様書
  • 機械設備工事必携 (施工編)
  • 機械設備標準仕様書
  • 機械設備特記仕様書
  • 電気設備工事必携
  • 電気設備工事特記仕様書
  • 電気設備工事一般仕様書・同標準図

なお、図書の販売につきましては、下水道事業支援センター(http://www.sbmc.or.jp/)にて行っております。

                                                    

                                                       (技術基準課)

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 3 技術情報 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◇共同研究◇◆

 

【研究名称】「圧入式スクリュー濃縮脱水機による脱水ケーキの低含水率化と汚泥性状の変動に対する処理の安定化」

【研究相手】株式会社 石垣

【実施期間】平成23〜24年度

【研究内容】

圧入式スクリュー濃縮脱水機とは、従来の圧入式スクリュープレス脱水機の特徴を継承しつつ、濃縮部を独立させるとともに脱水機構の強化をはかった新しい脱水機です。全国7箇所の処理場に実験機を持ち込み、各種汚泥に対する脱水ケーキの低含水率化、処理の安定化等について検証を行った結果、従来型スクリュープレス(U型)脱水機の標準性能に比べ4〜10%の低含水率化、処理の安定性が確認されました。なお、本脱水システムは平成25年7月、JS新技術導入促進に関する達に基づく新技術T類に登録されました。

 

リーフレットはHP(H25年度版)↓

/g/g2/pdf/149.pdf

                                                      (資源技術開発課)

 

 

 

 

◆◇よく見かける下水道用語◇◆

 

シリーズでお届けしております「よく見かける下水道用語」ですが、今回は設計積算に関連して、「積算基準」・「歩掛」をご紹介します。

 

「積算基準」・「歩掛」という言葉は耳にしたことありますか?

「積算基準」とは、工事発注を行う際に、予定価格の算定方法を定めたものである。「歩掛」とは、ある作業を行う場合の単位数量、または、ある一定作業に必要な労務、材料、機械等の規格、時間あたりの作業量などを数値化したもので、予定価格算出のための構成要素となるものである。・・・・

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/141-1.pdf

                                                      (新技術推進課)

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 4 ふくしまからはじめよう。 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◇ふくしまからはじめよう。◆◇

              (福島再生プロジェクト推進室長 野村充伸) 

 

前回は、放射性物質による高い線量率あるいは高い被曝量が必ずしもリスクに繋がるものではなく、我々がいる生活圏では喫煙、受動喫煙、肥満、過度の飲酒など放射線被曝より大きなリスクがいろいろ有って、放射線はその内の一つであることを理解することが大切であるとお話しました。・・・・

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/141-2.pdf

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 5 研修センターからのお知らせ ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◇日本・インドネシア政府間対話に参加◆◇

                    (研修センター所長 藤本 裕之)

 

1.ジャカルタにて

朝4時過ぎ、街中の拡声器から大音量で流れるコーランの音で目が覚め、外を見ると乾季なのに、梅雨のような雨。インドネシアに行ってきました。・・・

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/141-3.pdf

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 6 下水道よもやま話 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◇下水汚泥の脱水性影響因子について◆◇

                                       (技術基準課長 植本 正基)

 

近年、食生活の変化や分流式下水道の普及及び新しい処理方法採用などの要因から、下水処理の過程から発生する汚泥の性状が経年的に変化し、従来法による技術では処理効率等が低下するなど多くの処理場で散見されるようなり、特に濃縮や脱水工程において顕著に現れています。

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/y/pdf/y121.pdf

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 7 国・公共団体・企業の主に海外の水関連の動き(7月分) ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

日付 キーワード URL

7/2 三井物産 チェコ共和国 上下水道事業

http://www.mitsui.com/jp/ja/release/2013/1200632_4689.html

7/11 JFEエンジニアリング フィリピン 下水処理施設受注

http://water-news.info/4506.html

7/18 ヴェオリア・ウォーター インド南部 給水プロジェクト

http://www.jetro.go.jp/industry/environment/biznews/51de5f027b0c0

7/19 ヒューエンス アジア 水処理装置

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC1800Q_Y3A710C1L41000/

7/29 JS 汚泥の回収、リサイクル、処理、処分 国際標準化

/kisya/h25pdf/0729kisya.pdf

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 8 編集後記 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今月号も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

先日、駅を出てすぐに、「雨の匂いがする」って言ったとたんに雨が降り出しました。「獣か?」と言われてしまいました。

 

獣と言えば、6月末に我が家に生後5週目の子猫が、やってきました。公園に住み込みの方が拾って獣医さんに届けた5匹の中の1匹です。会社の帰りに、獣医さんに声をかけられ「前の子が亡くなって、もう3年だし、そろそろ新しい子を飼ってもいいでしょう。この子の行き先が決まらないのよ〜助けてあげて〜」と言われてしまいました。

 

あんなに「もう生き物は飼わない!」と大泣きしたのに、手のひらに乗るような子を手渡されたらアウトです。

くちなしの花の季節だったので、名前は「てつや」名前の意味は若い方の獣医さんには伝わりませんでした。

同じように、お若い皆様は、お母様に聞いてみてくださいませ。

 

みなさま、そろそろ夏休みのご予定は決まりましたでしょうか?

暑さに負けず、楽しい夏の想い出ができますように。

夏バテなどせず、元気に夏を乗り切ってくださいませ。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 読者の皆様にお願い ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

送信不能で戻ってくる宛先が、ございますので、新年度を機にメルマガ配信先の確認作業をしています。

4月号(No137号)から、JS技術開発情報メールが届かなくなった、宛先が違うので変更をなどの、ご連絡は mailto:gikaiinfo@jswa.go.jpまでご連絡をいただくように、お願いいたします。

 

 

 

 

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇このメルマガへの感想・お気づきの点は mailto:gikaiinfo@jswa.go.jp

◆このメルマガは、登録された国及び地方公共団体へ配信しています。

 新規登録、配信停止および登録情報の変更はmailto:gikaiinfo@jswa.go.jp

◆日本下水道事業団ホームページへは http://www.jswa.go.jp

  バックナンバーもご覧になれます。

 ◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            JS技術開発情報メール

            発 行:JS技術戦略部 

         ◆Copyright (C) 2013日本下水道事業団

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆