地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > JS-TECH 〜基礎・固有・技術開発への扉〜 > メールマガジン > メルマガバックナンバー > JS技術開発情報メールNo.172

技術開発

JS技術開発情報メールNo.172

 

日本下水道事業団(JS)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

             JS技術開発情報メール

               2016.2.26 No.172

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆JS技術戦略部◇◆◇◆

 

いつも「JS技術開発情報メール」をお読み頂き、ありがとうございます。

JS本社近くの湯島天神の梅は、早咲きの木は少し花が散ってしまいましたが、今が見頃のようです。

梅の次は桜!もう少しで春ですね!

それでは今月号も最後までおつきあいくださいませ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ もくじ ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

『1』 はじめに 

   ◆ご挨拶  (理事兼技術戦略部長 松浦 將行)

『2』 トピックス

   ◇循環のみち下水道賞グランプリ受賞記念シンポジウムを開催しま  (技術開発企画課)                   

   ◆第2回 下水汚泥由来繊維利活用システム専門委員会 (資源エネルギー技術課)

『3』 技術情報

   ◇共同研究 (資源エネルギー技術課)

   ◆よく見かける下水道用語 (技術開発企画課)

『4』 「ふくしまからはじめよう。」

                  (福島再生プロジェクト推進室長 石井 宏和)

『5』 国際戦略室からのお知らせ

   ◇ISOの世界  新規業務提案〜規格開発のスタート  (国際戦略室)

『6』 下水道よもやま話

   ◆COP21と下水道 (資源エネルギー技術課長 細川 恒)

『7』 国・公共団体・企業の主に海外の水関連の動き(1月分) (国際戦略室)

『8』 編集後記

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 1 はじめに ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇ご挨拶◇◆

 

 月日の経つのは早いもので、年が明けてあっという間に2か月が経とうとしています。これから年度末へ向けて忙しい時期となりますが、体調管理を十分に行って業務に励んでいただきたいと思います。

 

 さて、技術戦略部では、水処理や汚泥処理、資源・エネルギー活用など、これまで多くの技術開発を手掛けてきました。

 水処理の分野では、オキシデーションディッチ法(OD法)や高度処理(凝集剤添加・ステップ流入式多段硝化脱窒法)、膜分離活性汚泥法(MBR)などが代表的な事例として挙げられます。

 これらの技術は、維持管理の容易さ、建設コストの縮減、省面積・省エネルギー化など、下水道の普及拡大や水処理施設の高度化、改築・更新などのニーズに対応して開発し改良を重ねてきた技術です。

 一方、最近では、ライフサイクルコストの低減、温室効果ガス削減やエネルギー問題、人口減少社会への対応など、新たなニーズを背景とした技術開発が求められています。

 このため、消費電力を大幅に削減できる無曝気循環式水処理技術や、高度処理と省エネ化を同時に実現する二点DO制御技術、曝気風量制御技術を用いた効率的な水処理運転技術などの技術開発に取り組んでいます。

 

 求められる技術も多様化してきていますので、公共団体のニーズを的確に把握するとともに、国の制度を活用し、民間企業の知恵と技術を活用しながら、戦略的に技術開発を進めていきたいと思います。

 JSで開発した技術が、全国の下水道管理者に良い形で提供できるよう、新技術の導入促進はもちろん、新技術に関する運転管理のフォローまでも含めた対応が必要だと思っています。

 そうすることによって、「ソリューションパートナー、JS」の存在意義を高めていきたいと思います。

 

 まだ厳しい寒さが続きますが、窓から差し込む太陽の光が、春の訪れが近いことを感じさせてくれます。技術戦略部職員一同、暖かい季節がやってくるのを、皆様とともに一緒になって待ち望んでいます。

 今後とも、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

           理事兼技術戦略部長 松浦 將行

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪  2 トピックス ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇循環のみち下水道賞グランプリ受賞記念シンポジウムを開催しました◇◆

 

 「産官学が連携した効率的な下水処理技術の開発」(前澤工業株式会社・高知大学・高知県・香南市・JS)について、平成27年度(第8回)国土交通大臣賞「循環のみち下水道賞」のグランプリ受賞を記念したシンポジウム「人口減少社会における汚水処理の最適化に向けて−」を、平成28年2月18日(木)に高知県香南市「のいちふれあいセンター」にて開催しました。

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/172-1.pdf

(技術開発企画課)

 

 

 

◆◇第2回 下水汚泥由来繊維利活用システム専門委員会を開催◇◆

 

 10月1日(木)に開催された、第72回技術評価委員会(会長:津野洋 大阪産業大学教授)において、JS理事長から同技術評価委員会に「下水汚泥由来繊維利活用システムの技術評価」が諮問され、平成28年秋の答申に向けて、専門事項の調査審議について「下水汚泥由来繊維利活用システム専門委員会」(委員長:李玉友 東北大学教授)への付託が決定されました。

 2月12日(金)に第2回目の専門委員会を実験フィールドである下水処理場にて開催いたしました。

 本専門委員会では、下水汚泥由来繊維利活用システムについて、今後更に技術評価の内容や適用手法等について調査審議を実施し、審議結果を平成28年秋に開催予定の技術評価委員会へ報告する予定です。

 

(資源エネルギー技術課)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 3 技術情報 ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇共同研究◇◆

 

【研究名称】 「鋼板製汚泥消化タンクの開発」

【研究相手】 月島機械株式会社 

【実施期間】 平成27〜28年度(予定)

【研究内容】

 本共同研究は、汚泥処理設備における省エネルギー・創エネルギー性に優れた鋼板製汚泥消化タンクについて、実証試験等によりその適用性を検証し、実用化を図ることを目的としています。

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/172-2.pdf

 

(資源エネルギー技術課)

 

 

◆ ◇よく見かける下水道用語◇◆

 

「PID制御」

 

 下水道事業で使用される電力量は、日本全国の総電力量の約0.7%を占め、処理水1m3当りの電力使用量は0.48kwh/m3となっています。施設別では、処理場での使用電力量が約90%であり、中でも反応タンクのエアレーションに要する電力量は処理場での5〜6割程度を占めているため、省エネルギーを考える上での重要な要素となっています。

 最近の水質センサーの信頼性向上とともに風量制御技術の開発が活発になってきています。特に、信頼性に優れメンテが容易な蛍光式DO計の開発により、DO制御技術が大きく前進した感があります。・・・・・

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/172-3.pdf

 

(技術開発企画課)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 4 ふくしまからはじめよう。 ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇ふくしまからはじめよう。◇◆

   (福島再生プロジェクト推進室長 石井 宏和)

 

 早いもので新年も2か月が過ぎようとしています。今年の冬は一時的に寒気が来て雪が降ったりしましたが比較的暖かく、福島再生PJ推進室が担当するプロジェクトは降雪の影響もほとんど受けず順調に進んでいます。各プロジェクト進捗状況は以下の通りです。

 

1)堀河町終末処理場

 解体撤去工事の進む堀河町終末処理の現場ですが、昨年12月中に仮設乾燥施設本体の撤去を完了し、仮設テント内の放射能濃度測定後、放射線管理区域の設定を解除しました。・・・・・

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/172-4.pdf

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 5 国際戦略室からのお知らせ ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇ISOの世界  新規業務提案〜規格開発のスタート〜◇◆

(国際戦略室)

 

 技術開発情報メールNo.169(平成27年12月)では、ISO/TC275(汚泥の回収、再生利用、処理及び廃棄)の全体会議への参加報告をしましたが、今回は、ISO規格の開発プロセスの入口についてお話ししたいと思います。

 

・ISOの検討スキーム

 ISO(国際標準化機構, International Organization for Standardization)は、電気・電子分野以外の国際規格を開発する組織です。ISOのうち、ある特定の産業やテーマを対象とする単位を専門委員会(Technical Committee, TC)と呼びます。・・・・・

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/mb/pdf/172-5.pdf

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 6 下水道よもやま話 ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆ ◇COP21と下水道◇◆

(資源エネルギー技術課長 細川 恒)

 

 地球温暖化対策は、平成4年に開かれた環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)で気候変動枠組条約が採択されたことを皮切りに全世界規模での取組が進んでいます。平成 27 年 11月30日から12月13日までフランス・パリおいて行われた、国連気候変動枠組条約第21 回締約国会議(COP21)では、世界共通の長期目標として2℃目標のみならず1.5℃への言及をし、主要排出国を含むすべての国が削減目標を5年ごとに提出・更新すること、・・・・・

 

▼続きはHPで↓

/g/g5/g5m/y/pdf/y151.pdf

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 7 国・公共団体・企業の主に海外の水関連の動き(1月分) ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

日付 キーワード URL

1/7 南アフリカ 水不足

 http://news.livedoor.com/article/detail/11038563/

1/8 ベトナム国ホーチミン市 下水管敷設工事 本邦企業受注

 http://www.mlit.go.jp/mizukokudo/sewerage/mizukokudo_sewerage_tk_000388.html

1/14 クボタメンブレンヨーロッパ オマーン国マスカット市 膜処理装置受注

 http://www.jacom.or.jp/shizai/news/2016/01/160114-28922.php

1/27 東ティモール水支援 福井県大野市 

 http://hanjohanjo.jp/article/2016/01/27/4675.html

1/29 北九州市 カンボジア水道計画策定等 

 http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC28H1Z_Y6A120C1LX0000/

1/30 仙台市 トルコ・イズミル市 下水道技術指導 

 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201601/20160130_11045.html

 

(国際戦略室)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 8 編集後記 ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今月号も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

春の陽気になってきたかと思ったら、また冬の気温に戻ったり、寒暖の差が激しい日が続きますね。皆様、体調は崩されていないでしょうか?

昔に比べ、今では電車の中でマスクをしている人が珍しくなくなりました。風邪なのか、予防なのか、花粉症なのか。私も花粉症持ちなので、この時期はマスクが欠かせません。

もうすぐ、花粉シーズン到来。今年の花粉飛散量は去年より多いと耳にしました。花粉症持ちの方には辛い季節ですが、マスク、メガネ、目薬などなどを駆使して乗り切りましょう!

 

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

◇このメルマガへの感想・お気づきの点は mailto:gikaiinfo@jswa.go.jpへ

 ◆このメルマガは、登録された国及び地方公共団体へ配信しています。

 新規登録、配信停止および登録情報の変更はmailto:gikaiinfo@jswa.go.jpへ

 

 ◆日本下水道事業団ホームページへは http://www.jswa.go.jp

  バックナンバーもご覧になれます。

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

JS技術開発情報メール

 発 行:JS技術戦略部 

◆ Copyright (C) 2016 日本下水道事業団

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽