地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > JS-TECH 〜基礎・固有・技術開発の扉〜 > メールマガジン > メルマガバックナンバー > JS技術開発情報メールNo.203

技術開発

JS技術開発情報メールNo.203

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

          JS技術開発情報メール       

           2018.9.28 No.203

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆JS技術戦略部◇◆◇◆

 

 いつも「JS技術開発情報メール」をお読み頂き、ありがとうございます。

 今月は大きな災害が続けて発生し、心が痛みます。

 台風21号、北海道胆振東部地震で被災されました地域の皆様にはお見舞い申し上げます。そして、一日も早く復旧されますよう心よりお祈りいたします。

 それでは今月もお付き合いください。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ もくじ ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

『1』 はじめに

◆「師の教え」  (技術戦略部長  細川 顕仁)

 

『2』 技術情報 

◇よく見かける下水道用語 「覆蓋」  (技術基準課)

 

『3』下水道よもやま話          

◆課題討議・グループワーク (福島再生プロジェクト推進室長 高村 和典)

 

『4』国・公共団体・企業の主に海外の水関連の動き(8月分)    (国際戦略室)

 

『5』 国際戦略室からのお知らせ

◇ベトナム通信 第16号  (国際戦略室)

 

『6』 編集後記

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 1 はじめに ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇「師の教え」◇◆

 

 皆さん、ご自身の生き方や仕事に対する姿勢などに強く影響を与えた恩人、師匠っていらっしゃいますでしょうか?私には小学校から大学まで真剣に打ち込んだ武道、少しだけ真面目に取り組んだ学業・研究、それから仕事・・・それぞれ自分にとって『師』と呼べる方が何人かいらっしゃいます。その中で、下水道の世界での、もっと言えば社会人としての『自分』を形成していく上で最も大きく影響を受けた大恩人がいました。その方がお亡くなりになって今月で丸3年になりますが、この方からは本当に色々なことを教えてもらいました。ユニークな方でしたのでエピソードには事欠きませんが、今回は最も印象的であったご指導を紹介させていただきます。

 

 今から30年近く前のある日、私を含む当時のJS若手職員有志を前にこう言われました:

『これから君たちが身に付けるべき重要な能力は【洞察力】、【決断力】、【胆力】。〇〇はこれらの力をまとめて鍛えられるので、これから一緒にやっていこう。』

 こうしてJS内に、役員公認、でも非公式な同好会「ペガサスを語る会」が立ち上がったのでした。何故〇〇をやると3つの力が付いていくのか?師匠曰く、

@ 色々な情報、データを基に考え、結果を予想していく過程で【洞察力】が磨かれる

A 案を絞込んでいき、最終的にはどれかに決めるので【決断力】が身に付いていく

B 不的中が繰り返されていくと、少々のことでは動じなくなり【胆力】が鍛えられる

ということです。

 これらの力の鍛錬に加え、会員の前で自分がどのように予想し、それがいかに的中しそうなものであるかということを説明する機会もあり、【プレゼン力】も自然と身に付けられました(更に俳句を詠んだり絵を描いたこともありました。)。この同好会は師匠がJSを勇退された後も新たな会長をお迎えし、暫くは活動を続けていましたが、残念なことにその後活動を停止し、やがて消滅してしまいました。(因みに、この会、当時建設省の係長であった現湯島ナンバー2のM田さんが特別会員として、また当時JSの課長であった現江戸川橋トップのE藤さんが会長として参加されていたこともありました。)

 

 自分の今の力量や〇〇の効果については実際のところ不明ですが、これらの力が仕事をやっていく上で確かに重要であったと明言できます。もし師匠のご指導が無ければ、その重要性を認識できず、私はもっと幅、視野の狭い口下手な技術者になってかも知れません。初めてお目にかかった時の師匠の年齢に近づきつつある今、私は部下や後輩に対して、師匠のように心に響く有効な指導ができているだろうか?そう日々自問しています。これはこうなんだよ、こうした方がいいよ、と優しく、時には厳しく教えることはできますが、聞き手、受け手が納得し、興味を持ち、そして楽しいと感じながら学べるよう導くことは本当に難しいですね。皆さんはいかがでしょうか?

 師匠のことを思い出し、その偉大さを改めて感じ、感謝するとともに、少しでも師匠に近づきたいと決意を新たにする9月でした。

 

 ところで皆さんの周りで、よく考えず安易なことばかり言う部下、いつまでたってもウジウジして物事を決められない同僚、そして些細な事でもビビッてすぐ上の人や組織に報告・相談という名の「丸投げ」をしてしまう上司はいませんか?そういう人間を見かけたら〇〇を奨めてみて下さい。もしかしたら改善されるかも知れませんよ。

(〇〇とは何でしょう?皆さんお分かりですよね。)

 

(技術戦略部長 細川 顕仁)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 2 技術情報  ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇よく見かける下水道用語◇◆ 

 

「覆蓋」

 

 覆蓋は「ふくがい」と読みます。辞書で意味を調べますと「おおいかぶせること。また、そのもの。」と出てきます。国土交通省通知「管理棟・覆がい施設の補助率等の取扱いについて(昭和56年7月21日 事務連絡)」によりますと、覆がい施設とは水処理施設(最初沈殿池、エアレーションタンク、最終沈殿池、塩素混和池)の水面付近の床面より上部の構造物及びそれに伴う換気、照明等の建築附帯設備とされています。他にも完全地下式や寒冷地における設置や濃縮槽等の汚泥処理施設に設置する場合も示されています。一般に下水道の分野では、水処理施設の上を覆う上屋の呼称として使われる場合が多いです。

 覆蓋は、積雪・寒冷地の処理場や周囲との環境の調和が必要とされる場合、既存の公園の地下に処理場等を設置する場合に設けられます。また、覆蓋の上部は広大なスペースになることがありますので、上部を緑化して公園に利用したり、テニスコートや野球場等のスポーツ施設にする場合もあります。

 覆蓋に使われる材料は・・・・・

 

▼続きはHPで↓

https://www.jswa.go.jp/g/g5/g5m/mb/pdf/203-1.pdf

 

(技術基準課)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 3 下水道よもやま話  ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇課題討議・グループワーク◇◆ 

 

 先日、久しぶりに古巣の研修センターで研修のお手伝いをしてきました。

 研修センターで実施している一部の専攻では、下水道の技術的な知識を伝えるだけではなく、研修生の方に下水道についての今後の課題を考えていただくために、テーマを指定して、グループ単位で課題討議を行う時間をとっています。

 しかし過去の研修では、このような討議になれていない研修生が多いのか、参加している研修生の実務経験、経歴が様々なせいなのか、議論が活発に行われないことがありました。

 このため、今回の研修ではグループでの討議を活発に行ってもらうように、討議の事前準備や環境を整える等の場づくりに配慮しました。具体的には・・・・・

 

▼続きはHPで↓

https://www.jswa.go.jp/g/g5/g5m/y/pdf/y182.pdf

                 

(福島再生プロジェクト推進室長 高村 和典)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 4 国・公共団体・企業の主に海外の水関連の動き(8月分)≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日付 キーワード URL

 

8/1 アジア学生交流環境フォーラム マレーシア 

https://www.nikkan.co.jp/releases/view/58143

 

8/7 上下水道技術協力 高校生6人ベトナムへ出発

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/439204/

 

8/9 ベトナムの下水処理場公開 北九州市が技術など提供

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/439834/

 

8/15 水道民営化法案 衆院通過

https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-46606/

 

8/20 インド 海外からの援助頼み

https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/180820/cpc1808200500001-n1.htm

 

8/22 北九州市 ベトナムへの水道技術支援 高校生6人が成果報告

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/443145/

 

8/22 水道の検診 スマートメーター

http://water-news.info/10014.html

 

8/24 水道代が高額になる時代

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3781863

 

8/24 横浜市 ハノイ 下水道技術セミナー

https://www.nna.jp/news/show/1804314

 

8/24 日本水フォーラム 水検定

http://water-news.info/10017.html

 

8/30 山九・神鋼JV ベトナム 浄水場建設を20億円で受注

https://www.data-max.co.jp/article/24596

 

8/31 水道民営化の真実 フランスと英国で起きたこと

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56865

 

(国際戦略室)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 5 国際戦略室からのお知らせ ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆◇ベトナム通信 第16号◇◆ 

 

 JICA専門家(ベトナム:下水道計画・実施能力強化支援技術協力プロジェクト)若林です。

 今回は、長崎東高等学校のハノイ市見学サポート及びベトナムの紙幣について報告いたします。

1.長崎東高等学校のハノイ市見学サポートについて

 8月6日に長崎東高等学校のハノイ市見学(高校2年生の生徒4名と引率の教師1名の計5名)のサポート(政策アドバイザーである茨木専門家が主担当)を行いました。

 長崎東高等学校は、長崎市にある中高一貫の公立校で、平成27年度にスーパーグローバルハイスクール(以下、SGH)に指定されています。SGHとは、国際的に活躍できる人材育成を重点的に行う高校を文部科学省が指定する制度で、「教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身につけ、国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を図る。」ことを趣旨として、平成26年度から始まりました。

 今回のハノイ市見学は・・・・・

 

▼続きはHPで↓

https://www.jswa.go.jp/g/g5/g5m/mb/pdf/203-2.pdf

 

                         (国際戦略室)

 

                        

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ 6 編集後記  ≫

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 今月号も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 朝晩が涼しくなり秋の気配を感じるこの頃です。

 皆様、寒暖差の大きい日もありますので、体調管理に気を付けて元気に過ごしましょう!

  私は今ぶどうにはまっています。シャインマスカット、ピオーネ、高尾藤稔、巨峰など色々な種類を食べ比べて楽しんでいます。

 秋は美味しい物がたくさんあっていいですね!旬の物をたくさん頂いて元気に頑張りたいと思います。

 

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

◇このメルマガへの感想・お気づきの点はmailto: gikai@jswa.go.jp へ

◆このメルマガは、登録された国及び地方公共団体へ配信しています。

◇新規登録、配信停止および登録情報の変更はmailto:gikai@jswa.go.jp へ

 

◆日本下水道事業団ホームページへは https://www.jswa.go.jp

  バックナンバーもご覧になれます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

JS技術開発情報メール

 発 行:JS技術戦略部 

◆Copyright (C) 2018 日本下水道事業団

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽