地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > 地方公共団体の皆様へ > 建設工事の業務内容 

建設工事の業務内容

下水道施設の建設

 

業務内容と受託建設工事概要

 

受託建設工事概要(月別)

 

業務内容

1. 高い品質

豊富な施設建設の実績をもとに、厳格な品質管理基準、施工管理基準を整備し、高い品質の施設を建設します。

 

2. 最先端の技術

最先端の技術を積極的に採用し、多様化する地方公共団体のニーズに合った施設を提案します。

 

3. スムーズな供用開始

完成した施設を地方公共団体に引き渡す前には、各機器の連携運転による機能確認や施設全体の試運転を行い、処理場等に従事される職員の方々に対して、運転操作説明を行います。

 

4.アフターサービス

施設引渡し後もお客様の良好な施設運転をお手伝いするため、以下のアフターサービスを無償で実施しています。

 

@) 初期運転技術指導

処理場の運転経験のないお客様には、運転開始に際しJS職員を派遣して技術指導を行います。

 

A)事後点検

運転開始された処理場について、施設引渡し後2年の間に2回にわたって施設等の調査点検を行います。

 

B)補修工事

引渡し後2年の間に想定しえない不具合が明らかになった場合、一定の要件にあてはまるものについては、補修工事を行い、施設の機能回復を図ります。

 


 

受託建設工事概要
令和元事業年度
平成30事業年度