地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > 地方公共団体の皆様へ > 皆様の課題を共に解決します

皆様の課題を共に解決します

  地方公共団体の皆様が持つ問題・課題に対する解決策の代表例をわかり易くご紹介します。
地方公共団体の皆様の問題・課題 課題の解決のソリューション

下水道事業の健全な経営に当たっては、老朽化施設の適切な更新が必要です。そのためには企業会計化に対応し、資産の洗い出し、アセットマネジメント手法の導入による資産管理の適正化(長寿命計画の立案など)を行う必要があります。特に施設の更新にあったっては、維持管理の容易性に優れた技術の選定・導入が望まれます。

   
     
 
     
     

       
 
下水道の災害対策には、地震・津波等の大規模災害時においても、下水道施設の機能を確保する地震・津波対策の他、近年頻発している豪雨等に対しても、雨水ポンプ場等を適切に整備し、計画区域内の浸水を防ぐ浸水対策があります。いずれの対策も合理的な被災想定の下、許された事業費の中で最大の効果を発揮させることが必要です。
       
実績紹介へ        
 
下水道事業における環境対策には、有用資源の回収・リサイクルや温暖化対策が挙げられます。下水道の有するポテンシャルは、水、下水汚泥中の有機物、希少資源であるりん、再生可能エネルギーである下水熱など多くの分野において、高く見込まれています。これらのポテンシャルを有効に活用する資源回収・リサイクル対策が求められています。
また温暖化対策については、新技術の導入による水処理に必要なエネルギーの削減、消化ガス発電設備の設置による外部から投入エネルギーの削減、下水汚泥の固形燃料化等による温室効果ガスの排出の抑制が可能です。
固形燃料化へ バイオガスへ りん回収へ
次世代型焼却炉へ 固形燃料化へ バイオガスへ 低含水脱水機 アナモックスへ