地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > 下水道展'17東京 JSブースご紹介

下水道展'17東京  JSブースご紹介

今年の下水道展 ’17東京は8月1日(火)から8月4日(金)までの4日間、東京ビッグサイトにおいて開催され、当事業団は「下水処理ゾーン」においてブースの出展及び技術報告会を開催いたします。是非、お立寄り下さい!!

 

:

 

今年は、

 「下水道ソリューションパートナー、JS

   良好な水環境の創造、安全なまちづくり、持続可能な社会の形成に貢献します」


というテーマの下、第5次中期経営計画が策定されたことを踏まえ、重点事業「再構築」、「浸水対策」のほか、政策形成支援や新技術の開発・導入などに関するパネル展示を行います。

 

さらに、車両牽引型深層空洞探査装置、管路調査ロボットシステム、下水道BIM/CIMに用いる3Dレーザースキャナーの実機展示を行い、ハード、ソフトの両面においてご参考いただける情報を紹介いたします。

 

展示実機の紹介

 
* BIM/CIM(ビム/シム)。コンピュータを使って設計するだけでなく仮想的に建設までしてしまおうという取組み。プロジェクトの関係者の誰もがどのようなモノが出来るのかイメージすることができる。

 

 

 

 

技術報告会(無料)は、8月4日(金)の13時〜15時まで基調講演のほか、下水道ソリューションパートナーとしての総合的支援、今回の下水道展開催地・東京都における大規模プロジェクトなどについてご報告します。

プログラムはこちら

 

画像ハンドポイント下水道展 ’17東京/併催企画から参加申込みの事前登録が出来ます。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げておりますので、 よろしくお願い申し上げます。

 

 

技術報告会 (無料)

期日:平成29年8月4日(金) 13:00〜15:00
会場:会議棟7階 703会議室

開始

時刻

タイトル(仮称)

発表者

13:00

@基調講演

「コミュニケーション」 〜下水道ソリューションパートナーとして〜

理事 畑田正憲
13:20

A下水道ソリューションパートナーとしての総合的支援

〜第5次中期経営計画から〜

事業統括部
次長 丸山徳義
13:50

BICTを活用した施工管理と再構築事業による効果
〜東京都芝浦・森ヶ崎水再生センター間連絡管、神奈川県湯河原町浄水センター焼却炉再構築事業の施工事例を通じて〜

関東・北陸総合事務所

所長 杉山純

14:10

CJSにおける新技術の開発・導入

技術戦略部

次長 白ア亮

14:40

DJSの国際展開サポート

国際戦略室

室長 植田達博

15:00

終演

 
                                                 

※都合により、内容が変更することがあり得ますので、ご了承下さい。

事前登録有り、当日の参加も可能。募集人数50名(先着順)

 

 

 

展示パネルの紹介

1

 ようこそ日本下水道事業団へ
2  下水道ソリューションパートナー日本下水道事業団
3

 再構築

 計画から建設まで一体的に統廃合や改築等を支援

4

 浸水対策

 近年頻発する局地的集中豪雨への備えを支援

5

 地震・津波対策

 平時におけるハード・ソフト対策から非常時の災害支援まで一体的な支援

6

 震災復旧・復興支援

 被災地の復旧・復興を支援

7

 資源・エネルギー利活用

 低炭素社会の到来を見据えたバイオマス利活用技術の促進

8  「共に考える」政策形成支援
9  JS技術開発基本計画(4次計画)
10  新技術導入制度
11  省エネ・低炭素化技術の開発
12  資源・エネルギー利活用技術の開発
13  施設機能維持・向上技術の開発
14  生産性向上・最適化技術の開発
15  国際水ビジネス支援と国際貢献
16

 下水道を担うエキスパート達のために

 〜下水道事業を人材育成で支える JS研修〜

 

※都合により、内容が変更することがあり得ますので、ご了承下さい。

※出展に係る内容は随時、更新いたします。