地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > 下水道研修 > 研修生の一日(施設案内) > オリエンテーション

下水道研修

オリエンテーション

そこから自分が変わっていく

開講式

オリエンテーション

昭和47年11月下水道事業センターの発足とともに研修事業がスタートしました。

 

第1回の研修は昭和48年2月に建設大学校を借りて、実施設計コースの研修を実施しました。昭和48年5月には埼玉県戸田市にプレハブの研修宿泊施設を建設し、研修内容も、計画設計、実施設計、工事監督管理、維持管理の4コースとしました。また、実施設計コース管きょ設計中級、処理場設計中級、工事監督管理コース工事管理中級、維持管理コース処理場中級が、下水道法22条に定める指定講習となりました。昭和50年度には監督指導コースを、平成23年度には国際展開加えて、現在の6コースとなりました(監督指導コースは後に経営コースに名称変更)。


全国の下水道事業が拡大し、それに対応すべき下水道技術者の確保・育成が大きな課題となり、平成50年3月に試験研修本館が竣工しました。この施設の完成により計画研修人員も1,200名なり、その後の研修需要の増大に対応して、計画研修人員を増加させてきました。延べの研修人員は、研修を開始してから12年目(昭和58年度)に1万人を、20年目(平成3年度)に2万人を、26年目(平成9年度)に3万人を数えました。

 

研修要望の増大と新たなニーズを踏まえ平成5年度より総合実習棟の新設、寮室等の拡充を行い、平成9年3月に一連の施設整備を完了しました。本施設の完成により、2,000名の研修生の受入れが可能となり、31年目の平成14年11月には4万人 、36年目の平成20年1月には5万人、40年目の平成24年4月には6万人の研修生を迎えることができました。

 

 

【開講日の標準的な日程

項目 時間 備考
受付 9:30〜12:30 本館1階
昼食※オプション 12:00〜13:00 食堂
開講式・オリエンテーション 13:00〜13:30 講堂又は指定の研修室
授業(3時限) 13:30〜14:50 指定の研修室
休憩 14:50〜15:05  
授業(3時限) 13:30〜14:50 指定の研修室

 

(注)・上記日程は標準的なものであり、専攻により変わることがあります。

   ・開講日には、戸田公園駅西口から日本下水道事業団のバスを11:00、11:40発車で運行します。

   ・開講日の昼食はオプションです。利用される場合は、受付時に食券(550円)をお買い求め下さい。