地方共同法人日本下水道事業団Japan Sewage Works Agency

サイト内検索

ホーム > 国際業務 

JSの国際業務

地方共同法人 日本下水道事業団(JS)は、国内で積み上げた技術力・経験や、JICA長期・短期専門家派遣など海外での実績をもとに、国際業務を展開しています

 これまでのJSの国際業務

JSは日本の下水処理場の70%にあたる約1,400ヶ所の処理場を新築・再構築し、約800ヶ所のポンプ場と約240ヶ所の管渠を整備、延べ74,000人の研修を実施し、さらに約100の技術基準類を保有しています。これら国内で積み上げた技術力・経験と、JICA長期・短期専門家派遣などの海外経験をもとに、以下のような国際貢献を行ってきました。

  • 海外への新技術導入に関する技術的支援
  • 海外向け技術確認
  • 海外下水道技術者向けの研修
  • 国際標準化の支援

 

 「海外インフラ展開法」施行による国際業務

2018年8月31日に「海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律」(海外インフラ展開法)が施行されました。この法律により、 本邦企業の海外展開を支援することを目的とした以下の「海外技術的援助業務」がJSの国際業務に追加されることになりました。

  • フィジビリティスタディやマスタープラン作成
  • 案件形成に関する調査
  • 設計監理支援
  • 施工管理支援
  • 下水処理場の運転管理支援

 

 お問い合わせ

地方共同法人 日本下水道事業団 

国際戦略室

03-6361-7814