地方共同法人 日本下水道事業団

水に新しいいのちをあゆみ

刊行によせて

理事長 森岡 泰裕

1972(昭和47)年に誕生した日本下水道事業団(JS)は、本年11月1日で創立50周年を迎え、2003(平成15)年に改組された地方共同法人として、来年10月1日には20周年を迎えます。この間、地方公共団体の下水道事業を支援するためのプロ集団として、地方公共団体の下水道整備の支援、技術者の養成、技術開発等を主要業務として、地方公共団体の実施する下水道事業の発展に、全社一丸となって取り組んできました。関係する皆様から賜りましたご指導とご鞭撻、とりわけ、都道府県、市町村のご理解とご厚情に対し心より御礼申し上げます。

主な出来事

創立以来のJSに関する法改正、各計画、事業ごとの主な出来事を振り返り、JSのあゆみとして整理いたしました。

JSの技術力

創立以来培ってきた技術力、たとえばOD法の開発と技術、MBRのこれまで・いま・これから等技術力の一端をご紹介いたします。また、新技術につきましては、「ニーズに応える新技術」としてまとめましたリンク先をご紹介させていただきました。

証言で綴るヒストリー

創立からの重要なトピックについて、諸先輩方に当時の状況を座談会形式でお話いただいたり、個別にインタビューさせていただき記事にまとめました。関係各位の執務参考資料としての活用にも期待しております。

トピックス

災害復旧等大きな出来事をピックアップしました。忘れてはならない出来事として、いくつかのトピックをまとめましたのでぜひご覧ください。

資料編

組織、事業報告書等を掲載しましたので、活用をご検討下さい。