機械職
機械職
機械職

技術力と知識、
経験を積み重ねて
下水道の課題に挑む

技術戦略部
資源エネルギー技術課
(取材当時)

TOP職員紹介機械職

profile

PROFILE

  • 2014年入社
  • 理学部

入社後は「公害防止管理者」をはじめ、日本下水道事業団(JS)が主催する「下水道技術検定」などの資格試験に挑戦。職場のサポートのもと、日々技術や知識を向上できる環境です。

機械職としてJSに入社
「下水道」という未経験の分野へ

大学では理学部に在籍。人々の生活や街づくりにも役立つテーマの研究にやりがいを感じていたことから、公共事業に関わる仕事に関心をもつようになりました。JSに入社した理由は、技術に関わる業務に専念できること、他にはない独自の技術開発部門を有することに魅力を感じたからです。また、学歴や経験にとらわれない柔軟な採用活動を行っていることも大きな要因のひとつでした。

入社後は、西日本設計センター機械設計課へ配属。設計センターは工事発注の根拠となる設計を行う部門で、その中でも機械設計課は、ポンプ、送風機、 脱水機など、下水処理場で数多く使用される機械設備の設計を行う部署です。ここで2年間、設計や積算業務を経験しました。その後、東北総合事務所施工管理課へ異動。設計の次のステップである工事の現場監督として施工管理の仕事に3年間従事しました。そして入社6年目に、現在の本社技術戦略部資源エネルギー技術課へ。もともと、機械職として経験を積んだ上で将来的に一度は研究開発を経験してみたいという思いがあったので、自分が想定していたよりも早くその機会をいただいたと感じています。

就職活動を始めた当初は、「下水道」という未知の領域は、少し近づきがたい印象でした。しかし、下水道事業が人々のくらしの基盤を支えていること、さらにJSでは災害対応なども手がけていることを知り、「下水道」およびJSに対する印象が大きく変わりました。また、当社の技術職は、学生時代の専攻にとらわれず適性を考慮して担当職種が割り振られるため、未経験の分野でも周囲のサポートを受けながら専門的な知識を身につけることも可能です。入社後数年で大規模なプロジェクトに参加することもでき、公共事業に貢献しているという実感を得られる職場です。

独自の技術開発部門で
先進的な技術の開発・実用化を推進

現在私が所属しているのは、技術開発部門である本社技術戦略部資源エネルギー技術課。下水処理場の運転には多大なエネルギーが必要となるため、使われる技術の省エネ化や効率化をめざすことが大きなテーマです。その中で私自身は、水処理を行う際に発生する「汚泥」の処理に関する技術開発を担当。具体的には、汚泥の埋め立て処分量を削減するため、水を多く含む汚泥から水を抜いて容積を減らす脱水機や、汚泥の減量化および安定化を目的とした焼却炉などの開発などを行っています。また、近年は資源の再利用やエネルギーの有効活用など、環境問題に寄与する技術への期待が高まっており、JSでもその開発を進めています。具体的には、汚泥処理に伴って発生するガスを回収し、幅広くエネルギーとして活用する技術の開発が私の重要なミッションです。

担当している研究の中には、国土交通省が主体となって行う『下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)』など大規模な実証実験も含まれます。最近では静岡県富士市で行われた実証研究に携わりました。これは下水汚泥からメタンを主成分とするバイオガスを取り出して精製し、水素を製造・供給して水素自動車などに活用するための設備の実用化に向けた研究で、技術導入の可能性を広げていくきっかけとなる一大プロジェクトです。

普段はデスクワークが中心ですが、会議や発表、実験状況の確認など月に数回は外出する機会も。幅広いテーマの研究を扱っているため、時間管理や作業面で大変さはあるものの、論文や報告書に成果が表れる仕事にやりがいを感じています。今後は、まだ経験したことのない計画部門などの仕事に広く携わってみたいですね。また機械職として専門知識のレベルアップを図るとともに、計画の策定や財務など下水道に関わる知識を広く身につけていきたいです。

キャリアステップ

  • 学生時代

    理学部

    地層中の堆積物から津波の痕跡を探し、過去の巨大地震・津波の履歴や範囲を明らかにする研究を行っていました。

  • 2014.4

    入社

  • 2014.4

    西日本設計センター
    機械設計課へ
    配属

  • 2016.4

    東北総合事務所
    施工管理課へ
    配属

  • 2019.4

    本社技術戦略部
    資源エネルギー
    技術課へ配属

  • 未来のわたし

    技術力を磨き
    下水道事業に貢献

    将来的には、プレーヤーとしてだけでなく基準の整備を手がけるような立場となり、より優れた下水道施設の建設に貢献したいです。

入社後の成長

入社当初は専門用語や機械設備に対する理解不足で苦労しましたが、職場の方々のサポートと資格試験の学習により、基礎から少しずつ身につけることができました。

OTHER MEMBERS